「最新健康ニュース」のコンテンツを閲覧以外で利用する方は「引用・転載・ネタ探しをするときのルール」をご覧ください。

菜食主義にダイエット効果

(2015年7月) "Journal of General Internal Medicine" に掲載された台湾のレビューで、ダイエットに菜食主義が有効であるという結果になりました。

レビューの方法
このレビューでは、12のランダム化比較試験のデータを分析しました:
  • データに含まれる被験者数は12の試験の合計で 1,151人でした。
  • 試験期間は試験により異なりますが、9~74週間でした。
  • 試験に用いられたダイエット法は、アトキンス・ダイエットや、米国糖尿病協会が推奨する食事療法、米国コレステロール教育プログラムが推奨する食事療法などでした。
結果
肉などの動物性食品も食べていたグループに比べて:
  1. 乳製品と卵は食べる菜食主義者は1.48kgほど余分に体重が減っていました。
  2. 普通の菜食主義者(乳製品は食べる?)は2.02kgほど余分に体重が減っていました。
  3. 完全菜食主義者は2.52kgほども余分に体重が減っていました。
このレビューで3種類の菜食主義をどのように定義したのか不明ですが、完全菜食主義(ビーガン)は全ての動物性タンパク質を拒否する菜食主義を意味します。 肉だけでなく卵や乳製品も食べません。
通常よりも摂取カロリーを減らす菜食主義を続けたグループでは、そのような制限を設けなかったグループよりも体重が多く減っていました。
この一文から察するに上記の3種類の菜食主義では摂取カロリーを減らさずに動物性食品を避けただけだったのでしょうか?
解説

菜食主義にすることで全粒穀物・果物・野菜の摂取量が増えるために体重が減っている可能性があります。 全粒穀物にはダイエットに効果がある食物繊維が含まれていますし、カロリーが高いように思える果物にも、食物繊維・抗酸化物質・ミネラル・植物性化学物質(フィトケミカル)が豊富に含まれています。

研究者は次のように述べています:
「ダイエットには肉類を食べる食事療法よりも菜食主義の方が効果的です。 ただし、長期的な介入試験を行って、菜食主義が体重コントロールと心血管代謝リスクに及ぼすリスクを調べる必要があります」