ビタミンCのサプリメントに風邪予防の効果が無いことが確定?

(2018年8月) ポンティフィシア・カトリック大学(チリ)の研究グループが "Medwave" に発表したメタ分析によると、ビタミンCのサプリメントで風邪を予防することができないのは確定的であるようです(*)

(*) 風邪をひいている期間の短縮や風邪の症状の軽減は、また別の話。

メタ分析の方法

これまでに発表された8つのシステマティック・レビューに含まれる18のランダム化比較試験のデータ(大人や子供 8,472人)を分析しました。

結果

ビタミンCのサプリメント(80mg~3g/日)を摂取しても風邪の予防の効果は期待できないという結果でした。

確定的

研究グループによると、ビタミンCの風邪予防効果を調べるランダム化比較試験にもシステマティック・レビューにも今のところ研究が進行中のものはなく、ビタミンCの風邪予防効果に関して今後あらたなエビデンスが現れる(今回の結果に変更が生じる)ことも考えにくいようです。

研究グループの口ぶりからすると、ビタミンCが風邪の予防に効果を発揮しないのは確定的であるようです。

例外

ただし、スポート選手や大きな肉体的ストレス(過酷な身体活動など)にさらされる人には今回の結果は適用されません(ビタミンCが風邪の予防に有効かもしれない)。