「最新健康ニュース」のコンテンツを閲覧以外で利用する方は「引用・転載・ネタ探しをするときのルール」をご覧ください。

ビタミンD の血中濃度が高い乳ガン患者は生存率が2倍

(2014年3月) "Anticancer Research" 誌に掲載されたカリフォルニア大学サンディエゴ校のメタ分析で、ビタミンDの血中濃度が高い乳ガン患者の生存率が血中濃度が低い患者の2倍であるという結果になりました。

メタ分析の方法

乳ガン患者のビタミンD(カルシフェジオール)血中濃度を乳ガンと診断された時点で計測したのち平均9年間にわたって追跡調査を行った5つの研究のデータを分析しました。 患者数は5つの研究の合計で 4,443人でした。

結果

ビタミンD血中濃度は、血中濃度が高いグループで平均 30 ng/ml、少ないグループで平均 17 ng/ml でした。 17 ng/ml という濃度は、米国の乳ガン患者のビタミンD血中濃度の平均値と同程度です。

解説
ビタミンDの血中濃度が多い患者の生存率が高い理由として、研究者は次のように述べています:
「カルシフェジオールには、悪性の細胞分裂を遮断する作用のあるタンパク質のスイッチを入れて細胞間の連絡を強化する効果があります。 ビタミン濃度受容体が存在する限りにおいて、(ビタミンDにより)腫瘍の成長が抑制され、腫瘍への血液供給も拡大しません。 そして、ビタミン濃度受容体は腫瘍が非常に進行した段階に達するまでは失われません」
また研究者は、今回の結果を確認するために複数の臨床試験を行う必要があるとしながらも、ビタミンDの補給を乳ガン患者の標準的な治療に現時点で追加することを提案しています:
「30 ng/ml というビタミンD血中濃度を達成するのに必要な用量のビタミンDの安全性は確立されており、ビタミンDの補給を乳ガン治療に使うべきでない大きな理由は見当たりません」

同じ研究グループが 2011年に発表したメタ分析では、ビタミンD血中濃度が 50 ng/ml であると、乳ガンになるリスクは半分になっていました。 ビタミンD の吸収率には個人差がありますが、50 ng/ml のビタミンD血中濃度を達成するには、4,000 IU/日のビタミンDを食事やサプリメントで摂取すれば良いと考えられます。

ただし研究者は、ビタミンDの摂取量を増やす前に医師に相談するようにと警告しています。