ビタミンDの認知機能への効果は未だ不透明(レビュー)

(2019年4月) "Nutrients" 誌に掲載されたレビューによると、ビタミンDが認知機能に影響するか否かは未だ明らかではありません。

研究の方法

ビタミンDと認知機能の関係を調べ 2010~2018年までに発表された研究の中から所定の基準を満たす13の研究を選出し、それらに目を通しました。

結果

観察研究や縦断研究の大部分ではビタミンD血中濃度が低いと認知機能が損なわれるリスクが高いことが示されていました。 しかし、ビタミンDサプリメントの認知機能への効果を調べたランダム化比較試験は2つのみで、しかもその結果が食い違っていました。

既存の研究には、白人を調べたものが多い(ビタミンDが有色人種で欠乏しがちであるのに)などの弱点があるため、今後の研究ではもっと様々な人を調べる必要があります。