閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

水の種類

水道水

水道の蛇口から出てくる水のことです。 水道水には殺菌のための塩素が含まれています(法律により衛生のために水道水から出た水の塩素が一定以上であることが定められています)。 水道水に含まれる程度の塩素濃度であれば人体にさしたる害はありませんが、塩素の臭いを不快と感じる人もいます。

さらに、浄水器で浄水していない水道水には水垢なども含まれているため、最近では水道水をそのまま飲んだり、料理に使ったりする人は減っています。

特に、マンションなどに住んでいる場合は、水道水を建物の最上部にまで一旦引き上げて蓄えたものを各階の蛇口にまで落とすという方式を取っているため、水道管から蛇口へと水が直接送られる場合に比べて、水の質が劣化(貯水槽に汚れが溜まっていたり、貯水槽の塩素濃度が不十分であるために雑菌が湧いていたり)していることがあります。

一戸建ての住宅であっても、家が古い場合には水道管として鉛管が使われていて、水道水中に含まれる鉛の濃度が高くなっていることがあります。 鉛管が使われている家の場合には、水道水を飲用に使う前に毎朝一定量の水を流すことが推奨されてはいますが、鉛管による健康被害は確認されていないので、そう神経質になることもないでしょう。

結論から言えば、マンションなどの高層住宅に住んでいる場合を除いて、自分が気にならないのであれば水道水を飲料水として用いても問題はありません。

注意点として、一部の公共施設などでは井戸水を汲み上げたものを水道水として提供していることがあり、そういう場合には飲用には適しません。 都会の地下から汲み上げただけで何の処理もしていない水には、どのような化学物質が含まれているか知れたものではありません。
ミネラル・ウォーター

ミネラル・ウォーターとは、汚染されていない清浄な地域の地下水を汲み上げてボトルに詰めたもののことです。 一口にミネラル・ウォーターと言っても、硬度の違いや発泡性の有無などによって様々な種類がありますが、水道水や浄水などとの比較で言えば、飲用には最も適していると思われます。

ただし、ミネラルウォーターの水そのものの質は良くても、ミネラルウォーターの容器から有害物質が溶出するおそれがあります。
浄水

浄水とは、浄水器で濾過(ろか)して清浄になった水のことです。 浄水器で除去できるのは、サビなどの小さなゴミや、塩素、塩素と有機物が反応して生じるトリハロメタン(発ガン性がある)です。 浄水器では、活性炭や中空糸膜を用いて水を浄化します。

厚生労働省の調査によると、鉛の除去に対応していない浄水器であっても、ある程度の鉛除去能力はあります。 ただし、そういう浄水器では捕らえた鉛を再び放出してしまうことが多いので、鉛管が使われている家では、浄水器を使わない場合以上に、水を飲用に使う前に一定量を捨てることが重要となります。
純水

純水とは、逆浸透膜や、イオン交換樹脂、蒸留などの方法によって水の分子だけを抽出して、イオンの状態で水に溶け込んでいる不純物までも排除した結果得られる純粋な水のことです。 一切のミネラル分が除去されるため、硬水か軟水かで言えば「超軟水」ということになります。 ちなみに、上記の普通の(活性炭や中空糸膜だけの)浄水器は硬度に影響しません。

純水には塩素はもちろんのこと、鉛などの重金属も含まれていません。 放射性物質は水中のゴミやイオン化した不純物に付着しているので、純水器を使えば水に含まれる放射性物質の量も低減できます。

逆浸透膜は塩素に弱い、イオン交換樹脂はイオン化した不純物にしか対応していないという弱点がそれぞれにあるため、逆浸透膜もイオン交換樹脂も、活性炭や中空糸膜で浄化した後の水に対して用います。 したがって純水を作るための浄水器(純水器)では、活性炭や中空糸膜の層を通過した水が、逆浸透膜やイオン交換樹脂の層を通過するように作られています。

「純水は体に悪い」と言われることがあります。 おそらく、純水には電解質(イオン状になったナトリウムやカリウムなど。 海水やポカリスエットに多く含まれる)が含まれないためにそう言われるのでしょうが、純水が体に悪いということはないと思います。 私自身の体験として、純水を一定期間飲んでいたことがありますが、お腹を壊したことはありません。

ひと昔前は、手が届く価格の純水器というとアクアリウム用のもの(海水を人工的に作るときに使う)しかなかったのですが、最近では上記の製品のように、安価な浄水器の中にもイオン交換樹脂を用いて純水を作れるものが販売されています。
雨水
地球レベルで考えると、雨水は海や湖、河などの水から生まれた蒸留水だと考えられますが、「酸性雨」という言葉からも明らかなように、雨は雲から落ちて地面に達するまでの間に大気中の汚染物質を吸収してしまいます。 雨上がりの空気が美味しいのは、雨が空気の汚れを吸収してくれたためです。 したがって、雨は飲用には適しません。