「最新健康ニュース」のコンテンツを閲覧以外で利用する方は「引用・転載・ネタ探しをするときのルール」をご覧ください。

ヨーグルトに骨粗鬆症を予防する効果?

(2017年5月) "Osteoporosis International" 誌に掲載されたダブリン大学トリニティ・カレッジ(アイルランド)の研究によると、骨粗鬆症の予防にヨーグルトが良いかもしれません。

骨粗鬆症について

骨粗鬆症とは、骨形成速度よりも骨吸収速度が高いことにより、骨に多数の小さな穴ができる症状のことです。 骨粗鬆症の人は日常的な衝撃でも骨が折れてしまうため、入院や寝たきりのリスクが増加します。

研究の方法

アイルランドに住む60才超の成人男女 4,310人を対象として、ヨーグルト摂取量や骨の健康状態などを調査しました。

結果

ヨーグルト摂取量が1段階(*)増えるごとに、骨粗鬆症のリスク(オッズ比)が女性では39%、男性では52%、それぞれ低くなっていました。
(*) ヨーグルト摂取量は次の3段階: ①食べる習慣がない、②週に2~3回食べる、③毎日1回以上食べる。